網十(小川町)

東京都千代田区神田小川町1-8-1 クレストビル1F【Mapion

無休

11:00~15:00

訪問1回目 - 2005/07/16(2005/07/24更新)

網十 神田の珈琲豆屋さんに行ってしばらく歩いた所に、偶然うどん屋を見つけました。「網十」というそうです。うどんのチェーン店としては聞きなれない名前だったので、入ってみる事に。

 場所は、都営新宿線の小川町駅を出てすぐの所にある、小川町交差点の角です。いつもの様に店頭の写真を撮っていたら、中で大将らしき人が店員らしき女性と笑ってました。笑うなー!

 店頭には「網十の讃岐うどんのこだわり」という文が飾られています。最上級の粉を使用し、切り立て茹で立てを守り提供出来る環境を整えている。スープは自家製で白だしは七種類の海産物からダシを取っているそうです。醤油も小豆島から取り寄せダシにブレンド。茹で釜には酸性水、スープにはアルカリイオン水を使っているとか。

 スタイリッシュで黒い木目を貴重としたシックな店内。15時の閉店前入店で、先客は5人ほど。席数は48席だそうです。夜は「ひもの屋」という居酒屋になる様で、店奥には酒瓶がたくさん。カウンターの上にはグラスが逆さに吊り下げられています。讃岐うどん屋として営業するのは昼だけの様です。

 注文形式は一般的なセルフのものと同じ。メニューはやはりセルフのオーソドックスに忠実なかけ、ぶっかけ、生醤油、釜玉など。取り放題というトッピングがあって、100円で木耳やわかめ、大根おろしなどが入れ放題になる様です。

ぶっかけ冷小280円
ぶっかけ冷小280円

 ぶっかけを頼んだら、今茹で中なので5分程かかりますとの事。おぉーすごい。本当に茹で立てが食べられます。番号札を持って席で待ちます。しばらく待って来たぶっかけうどんは、上にネギがかかっただけのシンプルなものでした。ちょっと寂しいので大根おろしも欲しいかなーと思うのですが、まぁこれも有料トッピングに入ってますから仕方無いですね。

 うどんはやや太めでグリグリと捻じれています。ちょっと半透明がかって綺麗なそれは、まごうことなき茹で立てです。食べてみると伸びも腰も感じられて、ちょっとえぇぇ???と思ってしまう程美味しいものでした。茹で立てだからかもしれませんが、かなり美味しく感じられました。
 ダシはとても不思議で、飲んでも形容出来ない味がします…。今まで飲んだ事の無い味で、甘いか辛いかすらわかりません。ただ一つ確かだったのは、後味にとろろ昆布の風味を感じた事でした。不思議不思議。個人的にはちょっと苦手な味でした。

 セルフにしては珍しい位良いうどんを頂けました。ちょっとここはもう一度訪れてみたいお店ですね。

網十
網十
東京都千代田区神田小川町1-8-1 クレストビル1F【Mapion
11:00~15:00
無休

TOPへ戻る