花坊(経堂)

東京都世田谷区経堂1-12-14【Mapion

水曜休

11:30頃~15:00頃 18:00~21:00

訪問1回目 - 2005/07/18(2005/07/30更新)

花坊 たまにはあまり行かない小田急線沿線のお店も開拓してみようと「花坊」に足を運びました。小田急線経堂駅の南口を出て、左を見ながら2分程歩くと見えて来ます。

 このお店は東京では珍しいおしぼりうどんが食べられるお店、として知られています。

 おしぼりうどんとは、辛味大根のしぼり汁にうどんを付けて食べる郷土食です。小さくて地味な店内はキャパ15人程。店の奥には麺切り台が見えます。14時頃の入店で一席を除いて全部埋まっていました。おぉ運が良い。女性一人、若いカップルや家族連れなど客層は広いです。

 メニューは花坊うどん735円を始めとして、はいからうどん、玉子とじうどんなど京うどんのそれが主になっている様です。梅とじうどん、しっぽくうどん、にしんうどんなどもあります。大盛りは200円増し。今回はおしぼりうどんを食べるの目的なので、素直にそれを注文しました。

おしぼり汁うどん945円
おしぼり汁うどん945円

 注文してから7分程して出て来たそれは、おぉ。うどんの量が多いです。そしてその横には絞りたてであろう、まごうことなき大根の絞り汁。真っ白で泡だっています。

 うどんは直径は5ミリほど。かなりの細打ちで形状はきしめんの様。箸を向けると、計算されているかの様に一口分が箸に収まります。食べてみるとツルツルとした喉越し、ピラピラした舌触りが気持ち良いです。うどん自身にもきちんと旨みを持っています。

 次にダシですが、おしぼりうどんは食べ方があり、まずは大根の汁にうどんをそのまま付けて。次に味噌と薬味を入れて。物足りない様なら添えられた鰹ダシを入れて食べるのだそうで。
 大根の汁は辛味大根のそれだけあって、とても辛いです。しかししつこい辛さではなくサッパリしています。味噌は甘めで、大根汁に溶くと奥行きをダシに与えます。鰹ダシはいわゆる蕎麦屋で使う濃い超辛汁。個人的にはやはり鰹ダシで頂くのが一番美味しいです。鰹ダシに辛味大根を下ろして味わってみたいですね。

 とても美味しいうどん屋さんでした。このお店の基本は京うどんだそうなので、次は温かいうどん、特に京ならではのかき揚げうどんを試してみたいです。

花坊
花坊
東京都世田谷区経堂1-12-14【Mapion
11:30頃~15:00頃 18:00~21:00
水曜休

TOPへ戻る