たかはし(閉店)(東久留米)

東京都東久留米市中央町5-2-20【Mapion

不定休

11:30~14:30

訪問1回目 - 2006/02/11(2006/02/26更新)

たかはし 東久留米の「たかはし」に行って来ました。何でも普通の民家で営業されていて、その姿はまるで富士吉田うどんのお店とのこと。

 以前から噂には聞いていたのですが、駅から距離があるために、地図を見るたびに怖気づいてしまい、なかなか足が向きませんでした。

 今回、所用で東久留米に行く用事が出来たので、思い切って向かいました。東久留米駅西口、目の前の通りを真っ直ぐ、大通りの終点になる図書館まで来てもさらに真っ直ぐ。T字を左に曲がり、ガンガン真っ直ぐ。左手に小さな公園が見えた辺りで方向を変えると、「たかはし」の看板が見えて来ます。全く迷わなければ徒歩25分位でしょうか。私は迷って50分ほど歩いてしまい、足が痛くなりました…。

 完全に民家のたたずまいです。しかしその大きさは広く、庭にはなんと10台はとまれそうな駐車場があります。
 中に入るとお座敷に通されました。普通の和室でテーブルが10個ほど並んでいます。30人くらい入れそうです。13時半入店で先客8人。窓際の席が眺めが良くて座りたかったのですが、残念ながらそちらが大人気で埋まっていたので、あえなく奥側に席を取ります。

 壁にはこの家の水道調査の結果が貼られていて、とても良い水であるという類の内容が書かれていました。席に付くとすぐにお茶とお茶受け(里芋を煮たものでしょうか)が出て来ました。ほのぼのとしていてとても店内の雰囲気が良いです。昼時は過ぎたにもかかわらず、私が入店した後も続々とお客さんが入って来ます。

 メニューはもりうどん、肉汁うどん、ホット肉汁うどん(温かい肉うどんでしょうか?)の三種類。それに季節の天ぷらや玄米ご飯、漬物の盛り合わせなどがサイドメニューで選べます。大盛は100円増しです。

肉汁うどん700円
肉汁うどん700円

 今回は肉汁うどん700円を注文。15分ほどのんびり待ってうどんが出て来ました。ネギ、すり胡麻、大根おろし、白菜が添えられています。

 うどんは粉の旨みが溢れるいかにも素朴な味わい。お~。美味しいです。それほどコシは感じず、シャクシャクといった食感のうどん。個人的にいただいて来た武蔵野うどんと呼ばれるタイプのうどんは、結構この様な食感のうどんが多いですね。

 ダシは砂糖、化学調味料を全く使っていないとの事。啜ってみると…おぉ、砂糖が入ってないせいなのか辛めです。しかし醤油が勝ち過ぎる訳でもなく、カラウマといった感じの旨み。肉の脂も良く出ていて楽しめました。

 東京ではちょっと味わえない雰囲気のお店でした。今までにお邪魔した東京のうどん屋さんの中では、間違いなく1,2を争うシチュエーションではないでしょうか。遠い上に営業時間は短いですけれども、うどん好きの方には是非一度訪れて欲しいお店ですね。
たかはし
たかはし(閉店)
東京都東久留米市中央町5-2-20【Mapion
11:30~14:30
不定休

TOPへ戻る