茂七(閉店)(東大和市)

東京都小平市小川町1-406-3【Mapion

木曜休

11:30~麺切れまで

訪問1回目 - 2006/09/30(2006/10/07更新)

茂七 東大和市の「茂七」へ足を運びました。先日、RYUさんの美味しそうなレポートで名前を知りまして、その後「Eg-Blogうどん店」さんで更なる情報を得、メチャメチャ興味を持ったお店です。

 西武拝島線の東大和市駅を出て南側。薬用植物園沿いの通りを歩くと、「すき家」の向こうにお店が見えて来ます。

 街の立ち食い蕎麦屋さんの様なとても小さな店内。しかし綺麗で清潔な印象があります。カウンターのみでキャパ6人ほど、先客1人。このカウンターがとても低く、カウンター越しで、大将と奥様が仕事されているのが丸見えです。場所柄も相まって、のほほんとした雰囲気が店内漂います。うーんたまりません。

 椅子に座ってお水をいただいた直後、いきなり大将に「す、済みません、3分ほど待って下さい」とお詫びされました。どうやら準備で一杯一杯の様です。一生懸命大根を下ろしています。
 メニューはもりうどん500円と肉汁うどん600円、大盛りは100円増し。そしてビール500円のみと非常にシンプルです。

 大将からお待たせしましたとのお声をいただいたので、肉汁うどん600円を注文。すると、サッと出て来ました。お、およよ?うどんなどはどうやら準備出来ていたみたいで、その他のものに時間を取られていた模様です。

肉汁うどん600円
肉汁うどん600円

 出て来たうどんはこちら。うはー!これは盛り沢山ですね。葱、生姜の薬味に加えて、ニンジンなどの「糧」、たっぷりの大根おろし、そしてお新香が付いて来ました。ちなみに天かすと胡麻も入れ放題です。
 びっくりしたのがこのお新香、キュウリと大根、セロリの浅漬け。素材が良いのかメチャメチャ美味しかったです。私はセロリが苦手なのですが、これは食べられました。

 うどんは激太。8ミリ位でしょうか。実は写真でこのうどんの太さを見た時に、ものすごく印象に残って来たくなったのです。灰色から紫かかっていてもちろん手打ち。一応平打ちの形をしているのですが、太さがあるので平べったい側もかなりの太さです。ちょっと上げ底になっているので、見た目程量は多くありません。
 食べてみると表面は溶けていて中は粉残り。風味はあるのですが、あくまで熱が通りきっていない箇所の粉の風味といった感じで、この太さにしては思っていた程ガツンと来ませんでした。太いうどんは茹でるのが難しいと聞いてはいるのですが、それにしてもちょっと残念でした。

 肉汁は柔らかく肉が浸っています。辛味甘み、そして肉の油の旨みと抜群にバランスの取れた美味しいダシです。う、メチャメチャ美味しいですよこのダシ。大根おろしや生姜を入れなくても全然美味しく、むしろ食べている最中は大根おろしが邪魔な位でしたが、うどんを食べた後に大根おろしをたっぷり入れると、うどん湯の代わりになってとても美味しく飲めました。美味しかったです。

 東京都とは思えない位にほのぼのとした雰囲気の中にある、面白いお店です。ちょっと遠い讃岐の地を思い出してしまいました。激太うどんのイメージが強いまま来たのですが、むしろ他の印象がより強く残りました。ここ、良いお店ですよ。
茂七
茂七(閉店)
東京都小平市小川町1-406-3【Mapion
11:30~麺切れまで
木曜休

TOPへ戻る