とだ(山梨県甲府市)

山梨県甲府市善光寺3-30-1【Mapion

月曜休

11:30~売切迄 18:00~売切迄

訪問1回目 - 2006/10/08(2006/10/22更新)

とだ sakuさんとの珍道中は前回の「ゴーシュ」後、長瀞の「阿佐美冷蔵」(天然氷で作られたかき氷が激ウマ)、山梨竜王の「山口温泉(住宅街ど真ん中にあるヌルヌル系かけ流し温泉)」を経て、甲府の「とだ」へと辿り着きました。

 山梨のうどんといえばほうとう。また富士吉田うどんが有名ですが、甲府のうどんも富士吉田系でなかなかイけるんだよ~と、sakuさんのご提案でお店を探し、決まったお店です。

 横から見ると不思議な小屋の様な外観ですが、玄関はしっかりしていて店内はとても広いです。座敷のみで50人くらい入れそうな雰囲気。中は小さな小さな旅館みたいな感じで、旅館で言う所のカウンターが厨房になっています。

 18時半過ぎで半分くらいお客さんが入っていました。夜なこともあって、外の人通りの少なさにビックリしていたのですが、中の人の多さにもまたビックリです。お水はセルフっぽいですが、注文は取りに来てくれました。
 メニューはかけ、きつね、ねぎうどん320円を始めとした素朴なものが並びます。正直、どれもこれも安くて驚いてしまいます。

肉うどん420円
肉うどん420円

 今回は肉うどん420円を注文。15分ほどして出て来たそれは、どかーん!とすごい量。sakuさんが頼まれた大もすごい量ですが、普通盛でも丼からうどん、ダシ、具が今にもはみ出さん勢いです。肉の他には山梨のうどんらしく、キャベツが上に乗っています。山梨方面独特の薬味、すりだねもあります。

 うどんは激太で手打ちっぽいもの。sakuさんが見た所によると、製麺所のものを使っているっぽいそうです。食べてみるとガッチリゴッチリ、コシというよりも固さが残るうどんですが、粉の風味、そして甘みがどわーっと口内に押し寄せて来ます。田舎うどんらしい田舎うどんで、すんごい美味しいです。

 ダシは味噌と醤油の合わせ風味。甘辛で、ベースは煮干みたいです。日本人なら誰でも好きになってしまいそうな素朴な味がとても美味しいです。
 肉は今まで味わったことの無い味と風味。これが噂の馬肉でしょうか。この肉がまたメチャメチャ甘く煮付けてあって、私はどちらかと言えば甘党なのですが、これ単体ではおそらく食べられない位の甘さでした。ダシと合わせてすりだねをかけて、とバランスを取りながらいただきました。

 食べたかった田舎うどんが、そのまま形になって現れた様なうどん、そしてうどん屋さんでした。いやー本当に美味しかったです。甲府のうどんはもう一回食べに来たいですね。
とだ
とだ
山梨県甲府市善光寺3-30-1【Mapion
11:30~売切迄
18:00~売切迄
月曜休

TOPへ戻る