ひらの(田端)

東京都北区田端2-1-20【Mapion

日祝休

11:30~14:30LO 17:30~21:30LO

訪問1回目 - 2007/12/28(2008/01/11更新)

ひらの 会社帰りにうどんを食べて行く事にしました。今までにお邪魔した事の無いお店で、帰り道にあって、山手線上で…と検索をかけて行くと、そこに見つけたのは田端にある稲庭うどんのお店。

 おお、そういえば最近稲庭うどん食べていないですよ。という訳で、早速このお店に突撃する事にしました。店名は「ひらの」。JR田端駅を出て南へ10分程真っ直ぐ行った、商店街の中にあるうどん屋さんです。

 ちょっとした小料理屋さんの様な外観ですが、中は外から見たよりも広く、ざっかけなくてほのぼのとした居酒屋さんの様な空間です。小さいカウンターにテーブルなど20人程は入れそうな店内に、18時半入店で先客5人。一組はお子様連れのご家族で、もう一方はすっかり酔いの回っているおじさんでした。接客は女将さんがされている様で、これまたほのぼのとして好ましい雰囲気です。

 メニューはそれ程多くなく、「稲庭うどん ひらの」と冠にある通り、うどんは全て稲庭うどんでの提供です。揚げ玉、蒲鉾、わかめ、椎茸の入った「稲庭うどん」700円から始まって、もり、かけ550円からたぬき、ごぼう天、天ぷら、そして温かいうどん専用の味噌うどん。一番高い天ぷらうどんでも1,000円と安く抑えられています。また丼物のメニューも豊富で、うどんとのセットメニューも充実しています。

稲庭うどんとまぐろ丼セット900円
稲庭うどんとまぐろ丼セット900円

 今回はお腹が空いていた事、ブログなどで見る限り丼物の評判が結構良い事などを考慮し、セットメニューを注文。稲庭うどんとまぐろ丼セットです。茹で時間の短い稲庭+お刺身という組み合わせのせいか、10分かからず出て来ました。

 稲庭うどんは小ぶりなサイズで、ぺたんとした細め平打ち。食べてみると柔らかめ。味はあるのですが、うどんそのものの味というよりも塩分が強めの印象です。個人的には稲庭うどんは冷たいキュッとした食感が好きなので、その辺りだけちょっと残念です。
 ダシは醤油が強く甘め、おそらく自家製だと思います。稲庭養助の洗練されたダシに比べると家庭的で親しみが持てる味でした。まぐろ丼はお刺身の旨味が強く、思っていたよりも遥かに良い印象。ただご飯が温かいせいか、やや臭みを感じたのと酢飯でなかったのがちょっと惜しかったです。

ひらの 商店街に根付いた地域密着型の稲庭うどんといった感じで、とても好感が持てるお店でした。初めて来たのに何だかもの凄く親しみを感じてしまうんですよね。ちょっと良い感じなのです。近くにあったら通ってしまいそうなお店です。

ひらの
ひらの
東京都北区田端2-1-20【Mapion
11:30~14:30LO 17:30~21:30LO
日祝休

TOPへ戻る