麺々亭玉屋 田端店(田端)

東京都北区東田端1【Mapion

無休

平日:07:30~21:30 日祝日: 08:00~21:00

訪問1回目 - 2008/07/28(2008/08/26更新)

麺々亭玉屋 田端店 JR四国グループである(株)めりけんやが、田端駅に新形態のお店をオープンしたとのお話を見て行って来ました。店名は「麺々亭玉屋」

 田端駅はただ今、JR東日本が推進する21世紀のあたらしい駅づくり「ステーションルネッサンス」の一環として開発が進められているそうで。田端駅の構内にお店が集まっていまして、その一角にこのお店も建っています。

 2008年7月25日にオープンしたばかりだそうです。訪問した日は開店4日目という事になります。お店は従来のセルフのノウハウに色々と改良を加えたそうです。システム的な部分で見てすぐわかるのは、食券制になった事、セルフの通路が短くなった事でしょうか。
 ん?それって、普通の立ち食いシステムになっただけでは…?と一瞬思いましたが、きっとキッチンなど、お客さんを効率良くさばきつつ、味を保つ改良が加えられているのだと思います。席数は26席だそうです。

 メニューはかけ小盛200円をはじめとして、ぶっかけ、生醤油、ざるなど、セルフのさぬきうどん店として見慣れたメニューが並びます。目を惹くのはかけの量で、小盛、並盛、中盛、大盛、メガ盛と細かく分けられている所でしょうか。うは、ついにうどんにもメガ盛の脅威が。これに天ぷらを付けたら、相当お腹一杯になりそうですね。

ぶっかけ並(冷)350円
ぶっかけ並(冷)350円

 写真的にメガ盛に強く惹かれましたが、今回はグッとこらえてぶっかけの並を注文。カウンターで食券を渡してうどんをいただくだけのシステム。確かに簡単になりましたですねー。

 付け合せは青ネギ、生姜、レモン。うどんはやや細めでエッジの立った四角。噛むともっちもっちしています。ダシは醤油が強く濃いです。レモンで調整する事を期待してこの濃さなのかもしれませんね。絞ったら醤油が薄まって、大分味が落ち着きました。

 正直、他の讃岐うどんチェーンと比べて目新しい所はないのですが、始まったばかりですしこれからお店ならではの色が出て来ると思います。この値段で駅で食べられるうどんとしては、変わらぬ高レベルには違いありません。
麺々亭玉屋
麺々亭玉屋 田端店
東京都北区東田端1【Mapion
平日:07:30~21:30
日祝日: 08:00~21:00
無休

TOPへ戻る