肉汁や(閉店)(練馬)

東京都練馬区豊玉北5-8-12【Mapion

月曜休

11:00~15:00 18:00~21:00

訪問3回目 - 2010/08/01(2010/08/22更新)

肉汁や 約10ヶ月ぶりに「肉汁や」に訪問した所、店頭にポスターが貼られていました。

 今年4月の開店一周年を期に、メニューを一新し「肉汁や第二幕」として新しいスタートを切ったそうです。
 店頭のメニューを確認すると、確かに以前の「肉もり」などのメニューがなくなり一新されていました。(肉つけうどんというメニューはあります)

 また、全粒粉を使用したお店名物の黒っぽいうどんの他、「讃岐の麺に一手間加えた」白うどんが選べる様になっていました。13時半入店でお客さんは7割程の入りでした。

鳥野菜つけうどん750円
鳥野菜つけうどん750円

 今回は新メニューの中から「鳥野菜つけうどん」750円を注文。5分待ちでサッと出て来ました。

肉汁や 白うどんは以前こちらでいただいた、黒うどんと似た様な細い四角いものです。縮れがありやや固め。いただいてみると塩味と粉の風味を感じます。

 少し気になったのが、丼の底に黒うどんの切れ端が入っていたことです。うーん。丼を洗ってないなどは流石に考えられないので、白うどんも黒うどんも同じ鍋で茹でているのかなーと思いました。この辺り難しいところですね。

肉汁や つけダシには巨大な物体が二つ入っています。鳥団子かと思ったら何と鳥天です。胡椒で下味がついている様でお味はスパイシー。
 ダシ自体は醤油が立っていてややしょっぱく、うどんが塩味で、更に鳥が胡椒味である事も相成って、残念ながら、ややバランスが悪く感じました。

 前にいただいた時は肉の脂が醤油を美味く中和していて美味しくいただけたのですが、今回みたいな形態だとちょっと苦しいかなぁ…と正直感じました。毎回一口目は「美味い」と感じるので、ちょっと勿体無いなぁと思います。また寄ってみます。

訪問2回目 - 2009/10/25(2009/11/07更新)

 急に鰹粉ぷんぷんなものを食べたいなーと思い、思い当たった「肉汁や」さんに再訪してみました。
 この近所には「じゃんず」という、やはり鰹粉を感じる超有名なラーメン屋もあったのですが、先日なくなってしまったみたいで…。残念です。

肉もり650円
肉もり650円

 前回は極肉もり(こってり)だったので今回は肉もり(あっさり)。記録を見ると650円とありますが…あれ、前回より20円値上げしました?もしくは書き間違いかしら。後日確認してみます。

肉汁や スープは変わらずな魚介ガチコンのつけ麺スープ。鰹粉も入れ放題なので途中でだばだばと。うん、これこれ。

 極肉もりは脂が多くて個人的にはやや重い印象がありましたが、肉もりはそれよりもスープとお肉のバランスが良くて、後味の柚子もスッキリ。個人的にはこちらの方が好みなお味でした。

肉汁や うどんは以前より風味がなくなった様な…。でも美味しくいただけました。

訪問1回目 - 2009/06/14(2009/07/05更新)

肉汁や 先日、いつもの様にうどんレポートを書かれている方のブログを回っていたら、「eg-blogうどん店」さんの所で、練馬の新店の写真が掲載されていました。

 わ、私、地元民なのに知らなかった…とちょっとショックを受けつつも(笑)、これは是非行ってみなければーとお邪魔する事に。

 お店は、練馬駅を南。練馬警察署、消防署前の道を抜け、ココイチ前の斜め道を入ると辿り着きます。ラーメン好きな方には、「じゃんず」の手前と書くと判りやすいかもしれません。店名は「肉汁や」です。

 なんでも、大泉学園の有名なラーメン屋「とらのこ」の若い店主が新しく開いたうどん屋さんなのですとか。店内は食券制、真ん中を取り囲む感じの、コの字型のカウンターが10席ほど。奥の部屋が厨房になっています。11時半前に着いたにも関わらず、ほぼ店内満席でした。

 メインメニューは少なめです。こってり味の「極肉もり」あっさりの「肉もり」が各630円。「野菜もり」680円、肉と野菜の両方が乗る「肉野菜もり」が730円。
 茹で上がり500gだそうです。100g増す毎に50円増し。100g少ない小盛りは30円引き。トッピングは味玉や茹で野菜など、ラーメンを思わせるものが多いです。

極肉もり630円
極肉もり630円

 今回はお薦め!と書かれた極肉もりを頼んでみました。10分程待って茹で立てで出て来たそれは…うお。何だか見るからに個性的です。

 うどんは濃いクリーム色をしてツヤツヤ。やや細めで角が立ちまくり。一目見て思ったのは「とき」ですね。確信犯的に固そうなうどんです。

肉汁や で、実際噛んで見るとやはりハリガネ麺。キリキリと音がしそうなうどんは、最後に粉の風味を口内に残して行きます。あー、久しぶりに味わいますこういううどん。噛んでいて楽しいです。

 ダシはもっと個性的。熱々で、明らかにうどんのダシとは異なる色をしたそれは、魚粉が入って甘く濃く酸味を感じます。あー、これ、ほとんどラーメンで言う所のつけ麺のスープですね。
 でも美味しいです。うどんが非常に固くて風味もあるので、これだけ濃くても不思議とバランス良くいただけてしまうのです。付け合せの玉葱も、辛味のアクセントを加えてくれて美味しくいただけました。

 純粋なうどん畑ではなく、ラーメン+武蔵野といった感じのメニューだったため、賛否両論、真っ二つかも…という印象を受けました。逆にラーメンから来る人は入りやすそうな感じ。
 私は素直に楽しめました。と言いますか、凄く好きです。地元でこの味でこの量、値段で出してくれるのでしたら、もう物凄くウエルカムです。

 このお店はしばらく足を運んでみたいです。近年の中ではかなり個性的な新店です。

肉汁や
肉汁や(閉店)
東京都練馬区豊玉北5-8-12【Mapion
11:00~15:00 18:00~21:00
月曜休

TOPへ戻る