根岸屋(東青梅)

東京都青梅市勝沼1-40-4【Mapion

日曜休

11:00~15:00 17:30~20:00

訪問1回目 - 2010/03/13(2010/04/04更新)

根岸屋 ちょっと遡りまして時は3月の半ば。青梅線は日向和田駅近く、青梅梅郷に梅を見に行く途中に、お腹が空いたと東青梅駅に立ち寄り。おうどんをいただいて行く事にしました。
 この辺りは滅多に来れる所ではないのでワクワクしてしまいます。目的地は駅前の通りを真っ直ぐ2分ほど進んですぐ、「根岸屋」というお店です。

 地元に大人気のカレーうどんで有名なお店です。蔵をそのまま利用している感じの外観、内装は昔ながらの歴史を感じさせる作り。大テーブル中心の席数は外観以上に多く48あるそうです。シーズンもあってか、週末の12時半頃の入店で店内ほぼ満席。奥の個室に通されましたが、こちらはおそらく5人掛けほどの席のため、まもなく相席になりました。

 お客さんの数に反して、接客の方はご年配の女性が1人か2人位しかいない様です。しかし、この方が優しい口調ながらてきぱきと見事な仕切りをされていて、感心してしまいました。ちなみに出前もやっているみたいです。

根岸屋 店内にお店を紹介している漫画がありました。

 あれ?これ描かれている方、ラーメン発見伝の方でしょうか?^^;

根岸屋 メニューを見てみると、先頭にキッチリと「名物」カレーと書かれています。そのカレーうどんは並680円、大750円、特大940円とやや抑え目の価格設定。

 他にはもりカレー、きのこカレー、山菜カレー、月見カレーと並びます。値段は並で全て780円。他、一番安いたぬきうどん500円、きつね、おかめ、卵とじ、肉なんばんなどの通常メニューも並びます。

 面白いことに「おすすめ」と書かれた欄に「カレー丼うどん」との記載があります。たぶん名前の通り、カレー丼+うどんなのだと思いますが…。そういえば店内のお客さん、ほとんどの方がこのメニューを頼んでいます。

もりカレーうどん(並)680円
もりカレーうどん(並)680円

 今回は私は、もりカレーうどん680円を注文。先客もいるのでのんびりと待つことしばし。お待たせ~とおばちゃんが持ってきたそれは、まさしく蕎麦屋さんやうどん屋さんのカレー。それがなみなみ注がれています。

根岸屋 うどんはやや平打ち気味の手打ちでねじねじしたもの。食べると小麦の香りがぶわっと鼻を抜けて嬉しくなります。食感はやや固めで、一緒に来た奥さんはこの固さがちょっと苦手だった様です。私は許容範囲内な固さでした。

 器のふちまで注がれたカレー汁は、ごはんにかける様なもったりしたもの。粘度が高くて啜る事はまず不可能。まさしくカレーライスよろしく、カレーをうどんと一緒に口に運ぶ感じです。辛さ控えめ昔懐かしい、何度も食べに来たくなる味でした。

カレー丼うどん(並)780円
カレー丼うどん(並)780円

 奥さんはチャレンジブルにカレー丼うどんを注文。こちらも丼にスリキリ一杯なみなみ注がれたカレーだし。紅生姜と海苔が乗っているのが面白いです。

根岸屋 丼を掬うと、見事なまでの米+うどん。カレー丼うどんなので、下からごはん→カレー→うどんと入っているかと思いきや、全部混ぜの様です。

 ごはんがおじやっぽくなってこれはこれで楽しいです。並でもボリュームは満点のお得な一品でした。

 雰囲気といいお味といい、量、コストパフォーマンスといい、まさしく地元に愛されるのも納得なお店でした。うどんもカレーも食べてて楽しくなる、何だか不思議な魅力に溢れています。なかなかお邪魔出来ませんがとっても気に入ってしまいましたので、いつか何とか、もう一回足を運んでみたいと思っています。
根岸屋
根岸屋
東京都青梅市勝沼1-40-4【Mapion
11:00~15:00
17:30~20:00
日曜休

TOPへ戻る