(閉店)(西武柳沢)

東京都西東京市保谷町3-23-7【Mapion

火曜休

11:30~15:00 17:30~22:00

訪問1回目 - 2010/05/09(2010/05/29更新)

楽 西武線沿線に美味しいうどん屋さんがあるよ!との情報を食べログで発見し、早速お邪魔して来ました。(「ぐーたりの舌」さんでも紹介されています)

 店名は「楽」。西武新宿線は西武柳沢駅を出て5分程歩いた所にあります。お店が出来たのはそんなに古くないみたいで、今のお店が出来る以前もうどん屋さんでしたとか。静かな住宅街に静かに建っています。

 店先には製麺スペース。店内は照明を落としていてちょっとお洒落な感じ、小さくこじんまりとまとまった造りになっています。10人も入れば満席かと。テーブルは4つだけなのですが、それぞれのテーブルがカウンター、テーブル、小上がり風と工夫が凝らしてあって面白い形になっています。
 開店直後の入店なので先客はなし。私がお邪魔した時は、お兄さんが一人で接客されている様でした。

楽 メニューは、かけ、もりが580円から天ぷら、天もり1,200円までと価格差の大きい構成。平均価格帯は600円~850円でしょうか。紀州うどん、高菜うどん、カレーうどんなど。野菜を使用した「半兵衛(温)」「黒兵衛(冷)」というオリジナルメニューもあります。大盛りは100円増しです。

 鴨汁が名物との話を何箇所かで見かけたのですが、私が見た限りでは見つかりませんでした。トッピングの天ぷらは50円からとリーズナブルです。

武蔵野うどん730円+オクラ天50円+茄子天50円
武蔵野うどん730円+オクラ天50円+茄子天50円

 メニューを見たら、おそらくもりうどん+肉汁のセットであろう、「武蔵野うどん」があったので、今回はそちらを注文。オクラと茄子天各50円も頼んでみました。10分程ゆっくりと待って出てきたうどんはもちろん茹で立てです。

楽 器に綺麗に盛られたうどんは細め。純白で明るい色彩、四角い麺線はおそらく機械切り。ツルツルしてツヤがあり、ぬめりも感じられます。

 食べるとモチモチ感が強い食感で、しかし鼻に抜ける香りからは小麦粉のそれが伝わって来ます。少し製麺スペースを覗いたら「絹の華」が置いてあったので、そちらを使用しているものと思われます。
(絹の華=(株)星野物産の国産手打ちめん用小麦粉の様です)

楽 今回みたいに、ちょっとツルツルしていてぬめりがあってツヤがあるうどんは、なかなかダシがうどんに絡まないんだよなー…というのが今までの個人的な感覚だったのですが、ここのダシはそれを見越したかの様に真っ黒です。

 中には菜っ葉と豚肉、そして茄子。ためしに飲んでみると、ダシももちろん感じられますが、それ以上に醤油と砂糖の輪郭がとても強いです。そこに豚肉の脂が加わってとても力強い味。

 これだけ味が濃ければ、うどんにダシが絡み難かろうと関係ないですね。多分うどんとの相性を考えてこの濃さにしたのだろうと思います。うどんの量は少し多めだと思うのですが、ズーッズーッズーとあっという間に美味しくいただいてしまいました。

楽 追加で頼んだおくら天と茄子天はどちらも丁寧に揚げられた印象。美味しかったです。

 入る前はごくごく普通の街のうどん屋さん…という印象だったのですが、個性的なテーブル配置といい自家製麺といい味といい雰囲気といい、不思議な居心地の良さを感じさせてくれるお店でした。
 長く続いて欲しいですねー。お酒も結構良いものが揃えてあるという情報があったので、夜も来てみたいです。
楽
(閉店)
東京都西東京市保谷町3-23-7【Mapion
11:30~15:00 17:30~22:00
火曜休

TOPへ戻る