心晴(閉店)(神田)

東京都千代田区神田紺屋町29 第2栄ビル 1F【Mapion

土日祝休

6:30~18:00

訪問1回目 - 2013/12/02(2014/02/04更新)

心晴 神田に珍しい、九州の肉うどんのお店が出来たとの話を聞いてお邪魔してきました。店名は「心晴」
 九州の肉うどんといえば、小倉肉うどんやどきどきうどんと呼ばれる、黒い色をしたお出汁にゴロゴロ浮かぶお肉で、一部に熱狂的な愛好家のいる(私含む)メニューです。

 先日、同じく神田の小川町にあった「どき肉うどん」が閉店しまい、悲しみにくれていたところだったのですが、こちらは嬉しいニュース。期待しまくりです。

 お店はJR神田駅から5分ほど歩いた人気の少ない地域にあり、ビルの中の一角、これまた目立たないところに建っています。
 私も看板が無ければ見逃すところでした。2012年のオープンですとか。

 店内はとっても狭く、立ち食いなのですがそれでも3人入れば一杯になってしまいそうなほど。
 おしゃべり好きなご年配の男性と、もう少しお若い男性の2人体制で切り盛りされていました。

心晴 メニューは、どれもこれもがおそろしく安いです。何といってもメインとなる肉うどんが290円。
 以前、実際に小倉で肉うどんをいただいた時も小で500円はしていたことを考えると、東京でこの値段は革命的と言っても良いのではないでしょうか。

 他にもとろろ昆布が250円、月見は300円、とろろ芋でも350円、サイドメニューのおにぎりに至っては50円(!)という安さです。
 ちなみに持ち帰り可能だそうですよ。

肉うどん290円
肉うどん290円

 今回はもちろん肉うどんを注文。
 大将が袋から茹でうどんを出して温めて、別の鍋からお肉の入った汁をかけて…と、素朴な光景に心が和みます。
 ちなみに、あまりにもスペースが狭かったので、私はお店を出て外のテーブルでいただきました^^;

心晴 うどんは中太の袋麺。ゴワゴワして不恰好なものです。

 特筆すべきところのない、普通に路麺などでも見かけられそうなシンプルなものですが、これがダシとしんみり合ってとても美味しいのです。
 打ちたて茹で立てのうどんとは一線を画すうどんの美味しさ。とても懐かしく、また嬉しくなります。

心晴 ダシは良く煮込まれたお肉の脂がしっかりと出ています。
 色は関東風の黒さ、醤油に砂糖といった雰囲気の甘めなもの。

 お肉はスジ肉。大量に盛られていまして、そのそれぞれがホロホロと口の中で崩れていく美味しさ。まさに九州の肉うどんでした。

 正直、B級といえばB級のお味なのですが、そのB級っぷりがあまりにも徹底していて、魅力が溢れまくりで感動してしまうほど素敵なお店だったのでした。

 大将、このうどんをここから東京中に広めて行くんだよと仰っていました。
 個人的に超応援しております。頑張って欲しいです。

心晴
心晴(閉店)
03-3256-2600
東京都千代田区神田紺屋町29 第2栄ビル 1F【Mapion
6:30~18:00
土日祝休

TOPへ戻る