手打ちうどん ニューさがみや(祐天寺)

東京都世田谷区下馬1-18-9【Mapion

火曜夜、水曜休

11:30~15:00 18:00~21:00

訪問1回目 - 2015/01/25(2015/02/05更新)

手打ちうどん ニューさがみや 祐天寺の「手打ちうどん ニューさがみや」にお邪魔して来ました。

 十条「いわい」さんの下で修行された、つまり宮武さんの孫弟子さんのお店になります。2013年11月オープン。大将は武蔵野うどんに感化されてうどん屋を志した旨がどこかに書かれておりました(ソース失念…探しておきます)。

 最寄り駅は東急東横線の祐天寺ですが、歩くと15分ほどかかります。
 渋谷から東急バスに乗って、下馬一丁目バス停で降りた方が楽かもしれません(バス停から徒歩1分)。
 元々は手打ち蕎麦屋っぽい看板を上書きした後が見受けられます。

手打ちうどん ニューさがみや 店内は年季を感じさせますが清潔感がありました。
 カウンターとテーブル席で、10人ほど入れば満席です。

 大将と、ご年配の女性(大将のお母様?)がテキパキ接客されています。この女性がとってもニコニコしていて、周りの素朴な雰囲気と相成って、とてもほのぼのとした気持ちにさせてくれました。

手打ちうどん ニューさがみや メニューはシンプルなしょうゆ、かけが550円から。
 たぬきが600円、きつね、わかめが650円。
 むじな、バーソー(台湾テイスト)が700円。
 なんバソ(まぜ麺)、いそうめ750円。

手打ちうどん ニューさがみや うら面は、
 肉きざみ750円。
 ゆでドリと煮玉子750円。
 肉汁、カレー800円。
 そしてサイドメニューの炊き込みご飯100円。

肉きざみうどん750円
肉きざみうどん750円

 今回は肉きざみうどん750円に炊き込みご飯をつけてもらいました。
 10分ちょいして出てきたそれは、とても上品ないでたち。
 うどんはもちろん、おにぎり型をした炊き込みご飯も熱々で湯気もうもう、しばらくカメラを向けられない位でした。

手打ちうどん ニューさがみや うどんは細めの手打ち、とてもナヨナヨとしています。コシや歯ごたえはほとんどなく、体調が悪い時でもするする食べられてしまいそうな感じ。
 いわいさんの下で修行されたとは思えないほど似ても似つきません。

 しかし、もちろんそれは計算づくなのでしょう。
 ブチブチ切れたりもせず、喉で食べられそうなスルスルっとしたうどんでした。
 ただ、一緒に乗っている豚肉や刻み揚げよりも噛み応えが優しいため、少し物足りなさを感じてしまったのもまた事実でした。
 温かいものよりも冷たいうどん、冷かけで食べてみたくなるお味でした。

手打ちうどん ニューさがみや 出汁はイリコの香りと風味がしっかり感じられ、豚肉の脂とネギ、油揚げの甘みが足されても負けることなく自己主張しています。

 しかし面白いのは、ここまで味の強くなる具材が足されているのに優しいお味を保っていること。うどんと相成って、こんなに優しい肉刻みうどんは初めてでした。

手打ちうどん ニューさがみや 炊き込みご飯は干しえのきが入っているとのこと。こちらはうどんよりも風味が強い印象。美味しかったです。

 本当はこの後に冷たいうどんもいただくつもりでしたが、思ったよりも炊き込みご飯が多かったため敢えなく断念。
 まだまだ奥が深そうなお店です。次回は是非試してみたいと思います。

※2/4時点で、大将が怪我のためしばらく休業される旨がニューさがみやさんのホームページに書かれておりました。
ご訪問の際はお気をつけ下さい。
手打ちうどん ニューさがみや
手打ちうどん ニューさがみや
080-7025-4914
東京都世田谷区下馬1-18-9【Mapion
11:30~15:00 18:00~21:00
火曜夜、水曜休

TOPへ戻る