かばのおうどん 横浜元町本店(神奈川県横浜市)

神奈川県横浜市中区山下町276-2【Mapion

無休

11:30~23:00(L.O 22:30)

訪問1回目 - 2015/03/01(2015/03/17更新)

かばのおうどん 横浜元町本店 中華街に用事が出来たので、ちょっと足を伸ばして「かばのおうどん 横浜元町本店」にお邪魔してきました。

 2009年開業のうどん屋さんで、打ちたて茹でたて、無化調、揚げたてをモットーとする「かばのおうどん=横浜うどん」を全国に広めるために挑戦しているのですとか。
 すでに関内に支店があり、そちらではお寿司もやられているようです。

 横浜元町本店は石川町駅から徒歩4分。首都高速の高架下の目立つところに建っています。

 店内は落ち着いていて重厚な雰囲気。右手に奥に伸びた厨房とカウンター席、左手にテーブル席があります。
 席数は18席、さらに私は確認出来ませんでしたが、2階もあってそちらには8席あるそうです。

かばのおうどん 横浜元町本店 厨房には製麺機が。

 この時は開店直後に入店しましたが、すぐに何人かのお客さんが入って来ました。外国の方も利用されていました。
 近所のサラリーマンとおぼしき方はお持ち帰りも出来るようで、そちらを利用されていました。
 接客は普通でしたが、お客さんとのトラブルの話を店員同士、目の前でずっと話されていて、その辺りはうーんと感じました。

かばのおうどん 横浜元町本店 メニューの印象は「多彩で何でもあり」。

 武蔵野を連想させる肉汁うどんやきのこ汁うどん、讃岐の定番釜玉うどん、博多系のかしわのおうどん、変り種のジャージャーおうどんやチゲ辛おうどんなど、バラエティーに富んでいます。

 お値段は、一番安いかけうどんでも650円とやや強気の設定。

かばのおうどん 横浜元町本店 うどんだけでなく、丼物やここでは「かば天」と呼ぶ天ぷらのセットメニューも豊富です。

 メニューの先頭に書かれた、うどんに4種類の天ぷら、杏仁豆腐が付いてくる「横浜セット」は1,590円とお高めですが、とても美味しそうです。

かしわのおうどん880円
かしわのおうどん880円

 今回はかしわのおうどんに鳥ささみかば天330円を追加してみました。
 15分ほどして出て来たおうどんは…あら、器からしてとてもお洒落です。

かばのおうどん 横浜元町本店 うどんはパスタマシーンで打ち出されたような、平打ちっぽい太さ均一のもの。色は純白ではなく、やや黄色から褐色がかっていて武蔵野うどんを連想させます。

 食べてみると、讃岐よりもむしろ西武側の黒い武蔵野うどんを連想させます。固めの食感が歯に楽しく、鼻には粉の風味、舌にはかすかな甘みも感じられます。

かばのおうどん 横浜元町本店 出汁はふんわりと鰹節が香り高級感を誘います。かしわは繊維状のホロホロになるまで煮込まれていて、上品な甘めの味わいが癖になります。
 うどん、出汁、具材のバランスがとても良くグイグイ飲めてしまいました。

かばのおうどん 横浜元町本店 鳥ささみのかば天はもちろん揚げたて。
 カバ粉なる魚粉みたいなものが卓上にあり、そちらをかけたりで美味しくいただきました。

 おうどんをいただいた限りでは、とても美味しく人にお薦めしたくなるお店でした。
 が、価格設定が東京の平均的なうどん屋さんと比較しても200~300円ほど高く、その辺りをどう捉えるかで感じ方が変わりそうな印象でした。
(今回の食事はうどん+天ぷらで1,210円でした)

 ただ、この周辺はあまりうどん屋さんがないこともあり、そういう意味でのトータルな選択肢として、は間違いなく上位に入ってくるお店だと思います。
 横浜中華街に来ても、私はうどんが食べたいんだ!というぶれない方に特にお薦めします(笑)。
かばのおうどん
かばのおうどん 横浜元町本店
045-651-5480
神奈川県横浜市中区山下町276-2【Mapion
11:30~23:00(L.O 22:30)
無休

TOPへ戻る