味囲楽(飯田橋)

東京都文京区後楽2-3-16【Mapion

日祝休

月~金:11:30~14:00 17:30~24:00(L.O.23:00, ドリンクL.O.23:30)  土曜日:11:30~14:00

訪問1回目 - 2016/12/16(2016/12/29更新)

味囲楽 はんつ遠藤さんの記事を見てずっと興味を持っていた、「味囲楽」というお店に行ってきました。

 なんでも都内で唯一、生の五島うどんをいただけるお店なのですとか。
 五島うどんは長崎県の五島列島で作られる手延べうどんで、日本三大うどんの一つとして数えられることもあります。
 東京では食べられるお店は数えるほどしかなく、生うどんを提供されているお店は私も聞いたことがありません。
 これは楽しみです。

 場所は飯田橋駅から徒歩5分ほどの距離。
 駅からの出口を間違えると、道中歩道橋など使わないと使わないと遠回りになってしまうようです。私は遠回りしてしまいましたorz

 店頭に人が並んでいるのでビックリしましたが、これはどうもお昼のお弁当販売のようですね。
 お店を出るまでこの行列は続いていました。

味囲楽 店内は奥に長く、テーブル席が並ぶ奥の右側にもカウンター席があります。なので外から見るよりも席数は多めに感じられます。意外とすんなり入れました。
 お昼頃入店で店内は8割ほど埋まっていました。

 カウンター席の目の前は厨房なので良く声が通るのですが、大将らしき方がずっとピリピリされていて、緊張感漲っておりました。
 真剣なのは良いのですが、それが客席に伝わってしまうと…なかなか苦しいですね。正直落ち着きませんでした。


 メニューはかけうどん600円から。
 そこにとろろ昆布や九州で御馴染みごぼう天や、お肉などが乗ってくるスタイル。

 大盛りは150円増し。特盛りは250円増し。

味囲楽
味囲楽

 冷たいうどんはぶっかけスタイル。
 五島うどんは温かいメニューが多いので、こちらを頼むのも面白そうですね。

玉トロうどん800円
玉トロうどん800円

 今回は玉トロうどんを注文。

味囲楽 うどんは細い五島うどん。稲庭などのように平べったくなく、断面丸いのが特徴の一つでもあります。

 生の五島うどんをいただくのは初めてなのですが、細いのに思っていたよりも遥かに弾力があってビックリしました。
 あと椿油の風味が強いですね。

味囲楽 出汁はこだわりのアゴ(トビウオ)出汁。最近アゴの値段が高騰しているそうですね。個人的にも大好きです。
 もちろん、こちらも黄色味がかった優しい甘味と旨味があり、とても美味しくいただけました。

 少し失敗したかなーと感じたのは玉トロで、単品ではもちろん美味しいのですが、卵+とろろにアゴだと、優しい出汁がさらに優しくなり過ぎる印象がありました。
 玉トロは冷たいぶっかけ出汁でいただいてみたいと感じました。

味囲楽 ランチは出汁で炊いたご飯が付いて来ます。
 こちらは椎茸や鰹節がまぶしてあり絶品でした。お替りしたくなるお味でした。

 都内唯一の生五島うどんは、売り文句だけでなく、確かに一度食べてみても損はしないなぁと感じさせる面白さと味がありました。
 もう一度いただいてみたいです。個人的には店頭販売の弁当も気になります(笑)。

味囲楽
味囲楽
03-6801-8438
東京都文京区後楽2-3-16【Mapion
月~金:11:30~14:00 17:30~24:00(L.O.23:00, ドリンクL.O.23:30)
土曜日:11:30~14:00
日祝休

TOPへ戻る