武蔵野うどん なつ丸(久米川)

東京都東村山市本町4-6-13【Mapion

日曜,第2,4土曜休(祝日は原則営業)

11:00~14:00(L.O13:40)

訪問1回目 - 2017/06/11(2017/06/16更新)

武蔵野うどん なつ丸 東村山市にあります「武蔵野うどん なつ丸」にお邪魔して来ました。
 2016年12月に開店した、その冠の通り武蔵野うどんの新店です。

 最寄り駅は久米川駅。そこから繁華街を抜けて団地の方へ。徒歩10分くらいでしょうか。人気のあまりない車道沿いにぽつんと建っています。

武蔵野うどん なつ丸 店内は小さくて小奇麗な食堂を連想させます。
 四角いお一人様がまとめて座れる用のテーブルと、小さなテーブル。10人も入れば一杯になりそうです。

武蔵野うどん なつ丸 壁には「『気絶するほど』旨い武蔵野うどんはここにある。」とのイラストが。
 タヌキが何ともほのぼのした表情で良いですね。

 奥の厨房では、顔は見えませんでしたが大将らしき男性と女性、そして接客担当の女性と3人で切り盛りされていました。
 接客の女性が、常にニコニコされていて非常に好印象でした。このような方が一人いらっしゃると、お店の雰囲気ががらっと変わりますよね。
 11時の開店直後に入店したので先客はなしでした。

 メニューはシンプルに、特製肉汁うどん、冷しゃぶうどん、TKU(卵かけうどん)、そしてTKU肉付きの4種類。

 うどんの量は並盛、大盛、特盛、メガ盛の4種類から選べ、並盛は300g。メガ盛は1kg。
 一番安いのはTKU並盛500円。特製肉汁うどん並盛は660円です。

特製肉汁うどん並盛(あつもり)660円
特製肉汁うどん並盛(あつもり)660円

 今回は特製肉汁うどんを並盛で注文。
 温と冷が選べるので温を。見込み茹でなのか、厨房から5分くらいでピピッとタイマーの音が。その後お待ちどうさまですーと出て来ました。

 うどんに乗っているのは生麩、添えられたのは糧のほうれん草、ネギ、そして…これは後で。

武蔵野うどん なつ丸 うどんはやや太めで褐色。形状は四角なのですが、温かいためか角が取れていますね。

 食べるとモフモフとした食感。粘りはありません。粉の風味と甘みは感じられます。

武蔵野うどん なつ丸 出汁はフッと鰹の香り。
 少し甘めで、尖ったところはないのですけれども、何だかとても美味しく感じられました。

武蔵野うどん なつ丸 たらいの底にはうどんの切れ端が。

武蔵野うどん なつ丸 そして、最後に添えられていたのは…餡とクリーム!
 乗せて食べるとデザートみたいで美味しいですよ、と店員さん。

武蔵野うどん なつ丸 これは美味しくない訳がない、と早速やってみたところ…

 あれ?意外と合わない?(笑)
 もちろん不味くはないのですが、うどんの風味が餡と微妙に喧嘩している印象でした。うーん残念。

 しかし、雰囲気は良いしうどん自体は美味しいし、とても素敵なお店でした。
 私個人としては珍しく、家族を連れて来たいなーという気持ちになりました。

 そうそう、こちらは土日祝休みだったのですが、今月から隔週で土曜営業が始まりましたよ!
武蔵野うどん なつ丸
武蔵野うどん なつ丸
042-392-0710
東京都東村山市本町4-6-13【Mapion
11:00~14:00(L.O13:40)
日曜,第2,4土曜休(祝日は原則営業)

TOPへ戻る