おぴっぴ(虎ノ門)

東京都港区西新橋1-20-11【Mapion

土日祝休

11:30~15:30 17:00~21:00

訪問1回目 - 2008/12/29(2009/01/18更新)

おぴっぴ 前回の「日比谷いなにわ」に引き続きお邪魔したのは、こちらも内幸町からほど近い所にある「おぴっぴ」。以前、同名のお店のレポでも書きましたが、おぴっぴは讃岐弁の幼児の言葉でうどんの事なのです。

 お店はビル街のど真ん中に建っています。この立地に店頭で大将がうどんを打つ、ざっかけない讃岐うどんのお店がある事に嬉しさを感じてしまいます。

 店頭でボーっとしていたら、店員さんにどうぞーと勧められたのでいそいそと入店。店内は食堂っぽい雰囲気、カウンターとテーブル席でぎゅうぎゅうです。年末の週末でお休みに入った会社も多いでしょうに、スーツ姿のお客さんで店内は満席です。

 メニューはかけ500円から。きつねやたぬき、月見やわかめなどスタンダードなものが並びます。値段は天ぷらを除けばほとんどが700円台と安めです。ちなみに私がお邪魔した時は、ほとんどのお客さんが野菜天うどん700円を注文していました。

きつねうどん590円
きつねうどん590円

 今回はきつねうどんを注文。さてボーっと待とうかなと思ったら、見込み茹でなのかあっという間に出て来てビックリ。そして出された丼に顔を向けた瞬間、脳裏に讃岐の光景が浮かんで二度ビックリ。こ、ここ東京のビル街ですよ?一瞬私、どうしちゃったのかと思いました。

 その理由は、ほのかにいりこの香るダシ。やや薄めの味付けで、最初は…ん?と思うのですが、飲み終わる頃にはじんわりとした旨味が味わえて幸せな気持ちになります。
 うどんはやや太めでもちろん手打ち。茹で置きでモソッとした食感、とってもざっかけない雰囲気ですが、うどん自身から感じられるこれまたほのかなな甘みがたまりません。量が多いのも嬉しかったです。

 私は讃岐に住んだ事はないのですが、もし住んでいたら近所のうどん屋さんで出て来る日常的なうどんはまさしくこういう感じではないか。と思わせてくれる、とてもざっかけなく素敵なおうどんでした。毎日でも食べに来たい程にコストパフォーマンスに優れているところがまた良いです。

おぴっぴ
おぴっぴ
東京都港区西新橋1-20-11【Mapion
11:30~15:30 17:00~21:00
土日祝休

TOPへ戻る