本格手打ちうどん 笑乃讃(武蔵砂川)

東京都武蔵村山市三ツ藤1-86-4【Mapion

月曜休

11:00~15:00 売り切れ次第終了

訪問2回目 - 2014/04/24(2014/07/28更新)

えのさん 前回の「満月うどん」訪問の続きです。
 帰り道が全くわからなかったので、とりあえずイオンまで行けばタクシー掴まえられるだろうと思い、15分ほど歩いてイオンモールむさし村山へ。

 途中、Facebookに笑乃讃空いてます!と書かれていたので、イオンの隣にある「笑乃讃」へ立ち寄ってみました。

 …店内大混雑でした。
 大将、嘘つきです(笑)。

 (※単に書き込み後に混まれただけです)

 笑乃讃は元々「えのさん」の店名でイオンの隣にお店を開いていたのですが、改装してお店が綺麗になり、それに伴い店名も「笑乃讃」に変わりました。
 スタッフの方が大勢増え、カウンター席に加えてテーブル席、家族用の席も出来、お子様連れの方にもとても訪問しやすくなりました。

えのさん メニューは2年前の訪問時から比較しますと少し高くなりました。とはいえうどん屋さん的に見れば平均的ですけれどもね。

 かけうどんが530円。肉汁つけうどんが680円に。また温かいつゆうどんは、つけうどんから50円増しに。

えのさん また、カレーうどんの種類も少し増え、お子様セットも出来ていました。

えのさん 注文してしばらく待ちますと、最初にいりこの天ぷらが出てきました。
 カラッと揚がっていて美味しいです。

濃厚カレーつけ汁うどん(小盛)600円
濃厚カレーつけ汁うどん(小盛)600円

 そこから10分ほどしてうどん到着。今回は濃厚カレーつけ汁うどん680円を小盛りで頼んで80円引き=600円です。
 サービスで熱々の舞茸天をいただいてしまいました。どうもありがとうございますm(__)m

えのさん うどんは前回いただいた時より少し白くなったような気がします。
 食感もやや固さが先行した印象。あつもりで試してみたくなるうどんでした。

えのさん カレー汁は鶏肉が繊維状にホロホロになっているのがわかります。
 それ以外の具は写真だけ見るとほとんど入っていないように見えるのですが、食べると色々な旨味が押し寄せてきてメチャメチャ美味しいです。

 ちょっと辛めで、かつ私は辛いのが苦手だったりするのですが、それでもおかわりしたくなる旨さでした。

 大将曰く、二日煮込んでいるのですとか。
 是非、言いふらしておいて下さいと言われましたので、もう一度声を大にして
 「笑乃讃のカレー、メチャメチャ美味しいですよ!」
 とお薦めしておきます(笑)。

訪問1回目 - 2012/05/05(2012/06/09更新)

えのさん 奥さんが子供と実家に帰っていたので、多少余裕のあったゴールデンウィーク。
 sakuさんが昼食時にお声を掛けて下さり、武蔵村山市のうどん屋さん「えのさん」に行く事になりました。

 実は武蔵村山はうどんの一大地域なのですが、どのお店も駅から遠く、今までお邪魔出来なかった所です。わざわざ車を出して下さったsakuさんに感謝です。

 武蔵村山のうどんは「村山うどん」といい、昔からこの地域で愛されてきたうどんなのだそうです。地粉を使うのが特徴の一つでしたが、最近はASWを使用しているお店も多いとのこと。
 村山うどんを広く発信するために発足した「村山うどんの会」が7年ほど前に出来まして、名が広く知れ渡る様になりました。

 今回お邪魔するえのさんは、二代目となる若い大将が腕をふるうお店です。

えのさん お店はイオンモールのすぐ脇にこじんまりと建っていて、小さくて機能的で何だか可愛い外観をしています。駐車場もあり、私たちが来たすぐ後に何台も車が入って来ました。
 
 メニューは肉汁つけ麺を始めとして、きのこ汁つけ麺やカレー汁つけ麺、また、温かい肉うどんやきのこうどん、カレーうどんがどれも600円。温かいかけうどんなら400円でいただけます。丼メニューもあるみたいですね。
 (大きな写真はこちら)

えのさん うどんの量は並で280g。大で420g(+60円)。特大560g(+120円)。
 さらに半玉60gずつ追加できるとのことです。
 (大きな写真はこちら)

 店内はあまり広くないのですが、それほど窮屈さは感じません。
 カウンターのみで、8席ほどでしょうか。威勢の良さそうな若い大将と、ご年配の女性の二人で作業されていました。

肉汁つけ麺600円
肉汁つけ麺600円

 今回はスタンダードに肉汁つけ麺を並盛で注文。
 前のお客さんの分も先にあったので、のんびり待って、途中大将らしき方やお婆ちゃんが厨房で入れ替わったり立ち替わったりもしつつ(笑)、15分ほどして出て来ました。

えのさん やや太めの褐色がかったうどんは、緩やかにエッジが立った綺麗な麺線をしています。

 噛んでみると、これまでの武蔵野うどんのイメージを覆す柔らかい絹の様な食感。農林61号などの武蔵野地域の地粉に北海道産の小麦粉をブレンドしているそうで、粉の甘味も風味もふんわり感じられます。

 これは美味しい。あまり今までに食べたことのないイメージのうどんです。量は280gとのことですが、正直ちょっと少ないかな…?と思いました。

えのさん ダシは醤油の旨味に油揚げとやや厚切りの豚バラ肉の甘味、そして焼いたネギの風味が香ばしく乗ってきます。
 こちらもバランス良く美味しかったです。

えのさん こちらはえのさん自家製のラー油。

 うどんを食べ進んだ後半にいただいてみましたが、辛味の中に海老の風味がぶわり。これもうどんにそのままかけただけで、ガッツリいただけそうな美味しさでした。

 今回が初訪問となる武蔵村山うどんのお店でしたが、想像していたものと全く違う、若い方から女性、お年寄りまで幅広く受け入れられそうな素敵なうどんをいただく事が出来ました。
 まだ興味のあるお店が武蔵村山には何軒かあるので、こちらにはまた是非立ち寄ってみたいです。

本格手打ちうどん 笑乃讃
本格手打ちうどん 笑乃讃
042-569-1056
東京都武蔵村山市三ツ藤1-86-4【Mapion
11:00~15:00 売り切れ次第終了
月曜休

TOPへ戻る