玉丁本店(日本橋)

東京都中央区八重洲南2-1 八重洲地下街南一番街【Mapion

無休

平日:11:00~22:00(L.O. 21:30) 土・日・祝:11:00~21:30(L.O. 21:00)

訪問1回目 - 2007/12/26(2008/01/11更新)

玉丁本店 八重洲店 12月26日。免許の更新をしに神田免許更新センターを訪問。更新後、ちょうど昼食の時間になったので、東京駅に立ち寄ってうどんをいただいて行く事にしました。

 目的のお店は「玉丁本店」。サムカワフードプランニングの手がける、味噌煮込みうどんの専門店です。東京駅八重洲地下街の中、「博多うどん」の隣にお店はあります。

 味噌煮込みうどんの本場、名古屋の味にこだわったお店だそうです。巨大な店舗の中、照明は少し暗め。巨大なテーブル+少人数用のテーブル合わせて50人以上入れそうです。
 12時半入店で店内は満席。場所柄、顧客層はサラリーマンが圧倒的。皆様揃って、紙エプロンをかけて味噌煮込みうどんを食べている姿が何だか不思議です。

 メニューは一番スタンダードな味噌煮込みうどんが1,180円。そこから具を乗せていった豚肉入りやつくね入り、大海老入りなどのバリエーションがあります。
 この時は期間限定で、11:00~17:00まで全てのメニューにご飯が付いてくるサービスがありました。

玉丁本店 八重洲店 うどんを注文したら、まずお漬物が付いて来ました。ホームページに、ただの付け合わせじゃない、こだわりのお漬物と書かれているだけあって、サービスとは思えないほど量がたっぷり。味もなかなか。これだけでご飯が一杯いけてしまいます。

 白菜の漬物は味噌とからめてお召し上がりいただくのが玉丁お薦めの食べ方だそうですが、忘れてそのまま食べてしまいました^^;次回はからめてみたいです。

こだわり豚肉1,480円
こだわり豚肉1,480円

 かなりの時間が経ってからうどんが登場です。今回注文したのはこだわり豚肉1,480円。見た目よりも結構な量の豚肉が味噌に沈んでいます。こだわっているだけあって、なかなか味があって美味しかったです。

 うどんはシコシコとしていて、本格的に名古屋の味噌煮込みっぽい食感をしておりました。ただ味はあまり感じられませんでした。ダシは八丁味噌中心に白味噌と赤味噌をブレンドしたのだとか。ちょっとしょっぱめの旨味のある味わいで、これは普通に美味しかったです。
 付いてきたご飯は量が少なめ、ちょっとパサパサしていたのも残念でした。

 食べて思ったのは、あぁ…本当にキッチリとした名古屋うどんだなぁ、という事でした。隣の博多うどんもそうなのですが、八重洲地下街で出て来るうどんはどれもきっちりとしていて侮れません。
 やや値段が高いのが難ですけれども、たまに来るなら文句無しですね。本場そのものの「山本屋総本家」も美味しいですけれども、ここもきっと、味噌煮込みうどん好きに受け入れられる味だと思います。

玉丁本店
玉丁本店
東京都中央区八重洲南2-1 八重洲地下街南一番街【Mapion
平日:11:00~22:00(L.O. 21:30)
土・日・祝:11:00~21:30(L.O. 21:00)
無休

TOPへ戻る